いつからETCカードの審査は甘いのか?

ETCカードにもなるクレジットカードには会員保障制度というシステムがあり紛失、盗難、その他の理由により他人に悪用された場合、名義人が被る損害を発行会社で負担してくれます。

紛失や盗難などで所在がわからなくなった場合は、交番に遺失届を出すとともに急いで発行元に連絡を入れなければなりません。何らかの不正利用が発覚した場合は60日間にさかのぼって対応してくれますが、地震などの天変地異による盗難などは適応外です。

インターネットでの決済の場合は番号、有効期限、名前を入力するだけでよくサインや指紋認証もありませんから簡単に悪用されてしまいますので要注意です。

注意することは、特に怪しいサイトにいかない事やWEB明細にして頻繁に確認していれば、すぐに見つけることができます。

ETCカードの機能付きクレジットカードはショッピングや食事の際に決済する方法のひとつです。

磁気によるバーコードやICチップを機械に通したり、番号や有効期限で発行元や提携ブランドなどが分る仕組みになっています。

売り上げや利益は会員が利用することから得るのですが分割手数料は2回まではかからないことを知らない人が多いようです。

利用者からの売り上げが得られない場合はどこから利益がでているのか不思議ですね。

実は加盟店は利用代金の数パーセントを手数料として納める規約になっているので必ず利益が出るシステムになっているのです。

お金がなくても買いたいものが買える1枚、その支払い方には様々な支払方法があります。

リボ払いは分割とは別の支払い方法で残高に応じて決められた金額を月々その会社に支払います。

支払い額が一定にできるので支払い管理をしやすくなるのが利点です。

しかし、この方法を選択すると手数料もかかりますので安易に選択する事はあまりオススメではありません。

返済方法は計画的に行ってください。

不景気な世の中はまだまだ続きそうなので日々の節約を工夫しながら自分でする必要がありますね。

日々の節約にお勧めなのが、現金が乏しいときでも買い物できる1枚です。

支払いの時に使って済ませるとポイントが貯まっていきます。

蓄積されたポイントで様々な商品と交換する事が出来ます。

ポイントを効率良く貯めるには還元率が良いものを使用する様にし支払う時はその1枚に統一させるのが一番貯まる方法です。
この前、インターネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所入口でカードを係員に渡すことで処理を行われるようですが基本的にはETC無線通行原則と言うものがあり無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する内容がわからなくなるため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンの故障などで無線通行できない場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に入口に料金所がなかった場合は料金算出の距離の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

車に乗る方の多くは便利な年会費無料のETCカードを作っていると思います。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

すでにクレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレジットカードを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレジットカードを作ろうと思っている方向けにどういった面を見てカード会社を選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方なら年会費無料のライフカードがいいでしょう。

車にあまり乗らなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高くお得な楽天カードという選択肢もあります。

引用:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生はクレカの審査において優遇されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、審査が優遇される以外にも学生限定カードだとポイント還元率のアップやある年齢(例えば26歳)まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

申し込みする際に車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

作ったクレカをネットショッピングなどで利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで住宅ローンなどが組みやすくなります。

大学進学や新社会人になったのを機に車の免許を取って遠出をしたいと考えている方もいると思います。

そんな中で免許を取ったばかりの方はETCカードを持っていない方が多いと思います。

ネット上でも春くらいになるとどこで作れるの?といった質問も散見されます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードは購入するものではありません。

クレカなどのように申し込みをして取得するものになります。

一般的なイメージ通りのクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくETCも発行しているクレカを申し込みましょう。

肝心なときに限ってトラブルが起きる方っていますよねというのもこの前年会費無料のETCカードを使おうと思ったら財布の中から見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからずどうやらどこかで落としてしまったようです。

こんな時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

まず最初にカード会社に紛失の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところスムーズに再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから10日くらいで再発行された新しいカードが届きました。

このように紛失などの予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を解説します。

カードの入手方法としては大きく分けて2種類があります。

各クレジット会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレジットカードタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレジットカードタイプの場合は新規カードの申し込み時に一緒に申請でき、すでにクレジットカードを持っている場合は追加申し込みでほぼ無審査に近い状態なのに対しパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

高速道路の料金がレーンを通れば自動で引き落とされるETCですがインターネットを見ていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。

答えから言うと、基本的にはできません。

基本的にと書いた理由としては、クレジットカード機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレジットカード機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。

検索してみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

一体型カードは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っていて休憩でよったサービスエリアでクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

年会費無料のETCカードを作っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを作っていなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方はクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCのゲートを通るときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまった場合にETC出口が通れなくなり立ち往生してしまうからです。

高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式の良いところは、配線が少なく済むので見た目がスッキリすることや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動しないようにハンドル周りに設置することで操縦性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2箇所になるデメリットがあります。

ETCカードで無線通行して高速道路の出口を通過する際、問題なければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

何らかの原因で出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが起きたら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

バーが上がらなかった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

もしバーが開かなかった時には接触しないように車を停めましょう。

その際、焦って車外に出ないようにしましょう、事故につながります。

レーン備え付けのインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して処理しますがその際もETC割引は適用されるので安心してください。

年会費無料のETCカードを車載器に挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、急なトラブルに焦ってしまうと思いますが一呼吸置いてまず落ち着いてから各所へ連絡をしましょう。

もし紛失だったとしても必ず警察へ届け出をしてください。

届け出後の対応はカードの発行元によって変わりNEXCOなどの高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっているので土日に発覚した場合は月曜日に連絡にしてください。

クレジットカード会社発行の場合は発行元のクレジットカード会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応先の部署など違いはあると思いますが多くの会社では24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカの所持について不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは発行時に補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければ使用できません。

そのため、補償金を預けることさえクリアできればクレヒスに問題があるなど何らかの事情があってクレジットカードを作れない方でも発行されます。

クレジットカードを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

皆さんはETC カードを作る際にどういった内容を重視してカードを申し込みましたか?所持しているクレカからそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを作っていない方に向けて他の方が申し込んだときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の高い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費が発生しないカードの中でも一部店舗での買い物時にポイント還元率が高くなることや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

高速道路を走る時に便利なETCカードですがいろんなカードがあって選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

発行手数料、年会費がかからないのはライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

次に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費がかかるのが嫌だという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどで給油した時にもポイント還元が発生します。

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はちゃんと管理できていますか?カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

特に独立してプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードの明細でも同じ処理が必要になります。

クレカでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用のページでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければ照会ができなくなってしまうので注意しましょう。