プロバイダはインターネット接続でどのような役割を果たしている?

イ切実際には、携帯電話で接続する場合を除くと、パソコンなどのインターネット接続端末を持っていて、回線業者とプロバイダと契約をしないと、インターネットには接続できません。
では、プロバイダには、どのような役割があるのかというと、簡単に言うと、インターネット回線を通じて、インターネットに接続する権利を貸与してくれる役割になります。
販売しているわけではありませんので、ISPを解約するとインターネットに接続する権利を失い、接続ができなくなります。
現在では、インターネット利用人口も非常に高いので顧客の数は多く、ISPは大小併せると数千社あると言われていますので、利用人口が多いかわりに競争率も高く、価格以外のサービス面を重視しているISPも多数あります。
インターネットを利用する側としては、非常に嬉しい状況ですので、色々なISPを比較して、費用面やサービス面などで、自分に一番利益があるISPを利用すると良いでしょう。
数が多すぎて、絞り込めないという方は、ISPの比較サイトや、「価格.
com」のような比較・クチコミサイトを利用して、ある程度の数に絞り込んだ上で選ぶと、満足できるISPを見つけることができます。