クレジットカード審査に落ちたのはなぜ?

クレジットカードはショッピングの支払い時などに現金で支払う必要がないのでとてもとても便利なカードです。
さらに、買い物時の支払いに限らず電気・ガス・水道の公共料金も支払いが可能です。
カードで支払いをするといつの間にかポイントが沢山貯まっている事もありそれが目的で支払いをクレジットに指定される方もいらっしゃいます。
ですが、クレジット支払いにすると口座振替の時とは違って月額の割引制度から外れる事もあります。
一般カードのようにグレードが低くても旅行保険がついているものが多いので国内や国外でも安心です。
急病になった場合や交通事故に会った場合などに対応していて年会費が高いほど補償額が大きいようで心強いですね。
通常国内旅行よりも海外の方が保険限度額が大きいのですがこれについては、諸外国の医療制度が日本よりも整備されていないことが原因と考えられます。
人間以外にも携行品やショッピングにも保険が付帯している事も多く申告までに期限を設けている会社もありますので注意が必要です。
自動付帯か利用付帯か規定された条件によって異なりますが携帯しなくても所有していれば適用されるのが自動付帯、旅行における支払に使用した場合に適用されるのが利用付帯です。
通常、クレジットカードには不正利用に対する保障制度があり紛失、盗難、その他の理由により他人に悪用された場合、名義人が被る損害を発行会社で負担してくれます。
紛失や盗難などで手元にないことがわかったら、直ちに警察へ連絡して急いで発行元に連絡を入れなければなりません。
他人に使用された痕跡がある場合、届け出が受理された60日前までさかのぼって対応してくれますが61日以上前の事例に関しては適用されません。
番号や有効期限、名前を入力すればネット決済は完結し簡単に不正利用ができてしまいますので、特に注意が必要です。
注意することは、特に怪しいサイトにいかない事や日頃からカードの利用状況をメールで報告してくれるサービスを利用するのも有効です。

クレジットカード審査通らないのはブラックだから?