要らなくなった和服を買取に出すときのポイントは?

要らなくなった和服を買取に出すとき、気になるのはやはり価格ですよね。
ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。
でもでも中古品といっても和服の場合は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、例を挙げるのが困難な商品ですからね・・。
姉妹で同じ着物を売ったとしても、丈や裄が大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。
和服専門の査定士がいるお店に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思ってるんですよ\(⌒▽⌒)/古い和服を処分すると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。
きれいで新しめの品物のほうが高額査定がつきやすく、色あせや虫食いなどがあると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、価格がつかない(引き取らない)こともあるのだそうですからね・・。
シミは久屋やスピード買取.
jpなどの業者側がきれいにすることもあるとか。
さすがにそこまで悪いのは手元にないので、とりあえず買取査定に出してみようと思ってるんですよ\(⌒▽⌒)/ おばあちゃんが遺した着物があったので専門の久屋やスピード買取.
jpなどの業者の査定を受け、買い取っていただきました。
着物を着る機会が少ない身内ばかりで、ぜーんぜん着ないまま持っているのも着物が生かされないと思うし、誰かが大事に着てくれれば、おばあちゃんも喜ぶだろうということになったからですからね・・。
念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。
一点で高値がつくようなものはなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。
どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

宅配買取は難しい?無料でお得に着物買取!【査定もスムーズ】